葉酸サプリ 安全

妊婦さんにもお腹の赤ちゃんにも安全な葉酸サプリの選び方

これから妊娠を計画している方、妊娠が発覚してこれから葉酸サプリを飲み始めようという方に安心、安全な葉酸サプリの選び方をご紹介しています。現在では、妊娠前後の女性に対する葉酸の必要性については、厚生労働省からの発表や医師からの情報提供により以前より多くの方に広く認識されているものとなりました。そのため薬局や通信販売でも多くの種類の葉酸サプリが販売されており、値段や配合されている栄養成分なども様々です。そんな現在の状況では何を基準に選べば良いか分からない!といった方も多いのではないでしょうか?

 

そんな悩みを抱えている方に、このサイトでは葉酸サプリを選ぶ基準となる情報を提供し、安全な葉酸サプリを安心して飲み続けられるサポートができれば良いなと思います。そして、元気でたくましい赤ちゃんを出産できるお手伝いができれば幸せです。以前の私がそうだったように、葉酸サプリ選びに悩んでいる方は是非ご参考までに読み進めてみてくださいね。

 

葉酸サプリの選び方

安全な葉酸サプリを選ぶ際に基準としてほしいポイントは全部で3つあります。葉酸サプリには本当に多くの種類があるので、あまり多くを比較してしまうとますます何を選べば良いか分からなくなってしまうので、シンプルに考える事をオススメします。下記に優先順位の高い順にその基準をご紹介したいと思います。

 

国の基準に沿った製造がなされているか

葉酸サプリを販売する上で国や機関が販売方法について、消費者にとって安全な商品を提要するための基準を設けています。その基準を求めている大きな役割を担っているのが、厚生労働省、日本健康・栄養食品協会、国民生活センターです。名前くらいは聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?それらの機関が定めた基準に沿ってメーカー側は葉酸サプリを製造しているかどうかを知る事は非常に重要なポイントとなります。

 

国民生活センターとは・・・

「消費者基本法」に基づき、国や全国の消費生活センター等と連携して、消費者問題における中核的機関としての役割を果たしています。このために、消費生活に関する情報を全国の消費生活センター等から収集し、消費者被害の未然防止・拡大防止に役立てています。
※国民生活センターHP「http://www.kokusen.go.jp/hello/work.html」より引用

 

厚生労働省が推奨しているのは「合成葉酸(モノグルタミン酸型)」のみ

いくつか葉酸サプリを比較している方は気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、葉酸サプリに含まれる葉酸にも種類があります。天然葉酸と合成葉酸の2つです。一見、天然葉酸の方が安全そうで選びたくなりますが、厚生労働省が推奨しているのは合成葉酸の方なのです。天然葉酸は簡単に言えば自然の食物から摂取できる葉酸を指していますが、実は天然の葉酸は体に吸収されにくく十分な葉酸を摂取する事が困難です。吸収される葉酸を比較すると合成葉酸が100とすると天然葉酸はその半分の50程度しか吸収されないのです。そのため、厚生労働省は効率良く必要摂取量を確保できる合成葉酸を推奨しているのです。また、葉酸の摂取を推奨するきっかけとなった下記の研究結果が過去に発表されてから、国から妊娠前後の女性に対して、葉酸の摂取を勧告してきましたが、その研究でしようされた葉酸は合成葉酸です。天然葉酸が胎児の障害発生リスクを低減させるという科学的根拠はどこにもありません。

 

妊娠を計画している女性に関しては、葉酸の摂取が神経管閉鎖障害の発症リスクの低減位効果がることを示している疫学研究の全てにおいていわゆる栄養補助食品が使用されていること、食品中の葉酸(folate)についても理論的には効果があると推定されるが現時点では証拠が得られていないこと、諸外国がいわゆる栄養補助食品を利用している状況なども考慮し、日本でもすでに販売されているいわゆる栄養補助食品の活用についても説明する必要がある。

厚生労働省公式サイトより引用

 

製造環境(場所)

葉酸サプリは妊婦さんや妊娠前の女性が口にするサプリメントです。特に妊娠中の女性においては口にするもの全てが赤ちゃんへの直接的な影響を及ぼすこととなりますので、安全管理された葉酸サプリがオススメです。もちろん葉酸サプリを製造、販売する各メーカーではきちんとした製造、品質管理がなされた上でサプリメントの製造、販売が行われていると信じたいところですが、私たちが手にする商品を見ただけでは本当に安全で衛生的な環境で製造されたかどうかは知る術がありません。そのため、せめて販売する側のメーカーは消費者目線できちんと自社の製造管理や品質管理が実施されていることを明らかにしている必要があると思います。特に最近では放射線による食べ物からの健康被害も示唆される中、そういった食べ物による影響に敏感な妊娠前から妊娠中の女性にとっては、葉酸サプリを選ぶ上では重要なポイントの一つです。葉酸サプリを選ぶ際には自社の製造管理や品質管理において国や団体からの認可をしっかりと受けているメーカーのサプリメントを選択するようにしましょう。

 

配合されている添加物

一般的に薬局やネット通販で販売されている葉酸サプリの中には一応の必要量の栄養成分が含まれている以外は、錠剤を製造するための添加物が多く含まれているものも少なくありません。特に価格の安い製品になると、サプリメントに含まれる栄養成分の数倍もの添加物が含まれる製品も可能性も高くなります。添加物の代表的な例としては、錠剤のコーティング剤として使われる石油を原料としたワックス、製品の形を生成するために足りない容量を満たすための充填剤など決して体には良いとは言えない成分が挙げられます。口にしても1錠のサプリメントに含まれる量は微量ではありますが、サプリメントは続けて摂取することで効果を得ることができるものですので、添加物は最小限に抑えられた製品を選択するべきです。添加物は本来消費者にとっては必要のない成分ですが、サプリメントを製造する上では飲みやすい形を生成することであったり、生産性を高めてコストを抑えたりする上で利用されるものですので完全無添加を求めることは不可能に近いものだと思います。特に錠剤ともなればなおさらです。しかし、飲みやすく生産効率を高めるあまり過剰な添加物が含まれることは私たちにとっては決して望ましいことではありません。自分自身の体やこれから生まれてくる赤ちゃんの明るい未来を望むのであれば安全なサプリメントを選ぶべきだと思います。葉酸サプリを選ぶ際には成分表示、メーカーの説明をしっかりと確認し、添加物を最小限に抑えられた製品を選ぶようにしましょう。

葉酸の1日の摂取量について

工事中・・・