妊娠 初期 葉酸

妊娠初期にはどれくらいの葉酸摂取が必要?

妊娠初期に必要な葉酸摂取量については、厚生労働省の発表資料において1日に400μgの葉酸摂取が必要と定められています。海外の研究結果では葉酸を摂取した妊婦と摂取していない妊婦では障害を持った子供の生まれる確率に差が出るとの研究結果が発表されて以来、日本でも妊娠前後の女性に対し積極的な葉酸摂取を求めるようになりました。通常の食生活で摂取できる葉酸に加え、妊娠期間別に下記の量の葉酸摂取が推奨されています。

 

※ご参考サイト:厚生労働省ホームページ

 

妊娠の段階別の葉酸必要摂取量

葉酸の必要な摂取量は妊娠の段階により異なります。妊娠中、特に初期段階ではつわりが激しくあまり食べることもままならない方も多いと思いますので、食物からの葉酸摂取をあまり気にしすぎることもありませんが、基礎知識として認識しておく必要があります。

 

妊娠初期(400μg)

妊娠中期・後期(440μg)

授乳期(340μg)

 

葉酸が摂取できる食べ物

葉酸を摂取できる食品の代表的な例としては、ほうれん草などの植物性食品や、レバーなどの動物性食品があります。しかしながら、通常の食事から400μgの葉酸量を摂取するためには、下記の一例のように相当な量を摂取しなければならないのです。そのため、つわりや体調の急激な変化によりあまり食べ物を口にできない妊婦さんには、下記の厚生労働省のホームページでも公式に推奨している通り、葉酸サプリでの葉酸摂取が推奨されております。

 

※参考サイト:厚生労働省ホームページ

 

ほうれん草(ゆで) 約400グラム
モロヘイヤ(生) 約200グラム
オクラ(生) 約400グラム
ブロッコリー(生) 約200グラム
豚レバー 約50グラム
えだまめ(ゆで) 約150グラム
だいず(ゆで) 約1000グラム
ライチ 約400グラム
いちご 約400グラム

 

レバーにはビタミンAが多く含まれており、ビタミンAは妊娠中の摂取は控える必要がありますので、食べ過ぎには注意が必要です。妊娠中のビタミンAの過剰摂取は生まれてくる赤ちゃんの奇形につながる危険性があります。

 

これだけの量を食事から摂取しなくはいけません。妊娠していない状態でもこれだけの量の食事を食品から摂取することは困難です。しかも、妊娠中では日によって体調も変化しつわりや、便秘などで
常にこれだけの量を食べられる状態でいることの方が難しいのではないでしょうか?

 

それに加えて、食品中に含まれる天然の葉酸は水や熱に弱く、調理段階で50%程度が失われてしまうと言われています。また体内で吸収できる量はさらにその50%程度、つまり食品中に含まれる葉酸量の25%程度までに下がってしまうのです。そのため、上記で記載している量の4倍ほどの量を摂取する必要があり、食品から葉酸を摂取することは現実的ではないのです。そのため、厚生労働省では葉酸はサプリメントから摂取することを推奨しています。

葉酸摂取はサプリメントから

前述の通り、葉酸はサプリメントからの摂取がお勧めです。ですが、葉酸サプリさえ飲んでおけば妊娠中の栄養管理は大丈夫!ということではありません。偏食を避けバランスの良い食事を摂りながら、
あくまで栄養補助としてサプリメントを継続的に摂取することがお勧めです。妊娠中は葉酸だけでなく、亜鉛や鉄、カルシウムなど胎児の成長に大切な栄養素はたくんさんありますので、特定の栄養を採り入れようとするのではなく、バランスの良い食事での栄養摂取を心がけてください。

 

葉酸サプリメントを摂取し始めるベストなタイミングは妊娠前

厚生労働省では葉酸サプリメントの摂取は妊娠3ヶ月前から始めることを推奨しています。すでに妊娠しているという方は早めにサプリメントからの葉酸摂取をお勧めします。胎児の成長段階で葉酸サプリメントを摂取し始めることで障害リスクの軽減効果が期待できます。

 

ちなみに、東尾理子さんも妊娠後に胎児の障害リスクをお医者さんから指摘されてから葉酸サプリを飲み始め、無事元気で健康な赤ちゃんを出産しています。

 

葉酸サプリメントの選び方

現在市場には本当にたくさんの葉酸サプリメントが販売されています。ドラッグストアや通販で手軽に購入することができますが、種類がたくさんありすぎてどれを買えば良いか迷ってしまう方も多いのではないかと思います。葉酸サプリメントは妊娠前の女性や妊婦さんが摂取するものですから安全な商品を選びたいと思います。

 

特に妊婦さんにとっては口にするもの全てがお腹の赤ちゃんの成長にも影響がありますので、慎重に選ぶ必要があり商品選びにはとても神経質になっています。

 

葉酸サプリメンとは原料選びから製造・品質管理の行き届いた商品を

サプリメントを製造する上で原料は非常に大切なポイント。価格の安すぎるサプリメントはまず使われている原料が本当に安全なものかを疑ったほうが良いかもしれません。原料コストを抑えることは商品価格にも大きく影響してくると思われます。どこから仕入れてどこで加工されたかが明らかにされている、品質試験等の管理を実施していることが公開されている商品を選択できることが理想です。

 

東日本大震災が発生して以来、特に放射性セシウム検査を実施している食品メーカーが多くなっていますが、サプリメントにおいても同様の検査がなされているかをチェックしてみましょう。商品の公式ホームページ等を見てみれば公開しているメーカーが多くありますので出来るだけチェックするようにしてくださいね。

 

添加物の配合量は気にしすぎないこと

葉酸サプリメントを選ぶ際に添加物の含有量に特に神経質になる方も多いかもしれませんが、あまり気にしすぎる必要はないと考えています。中には無添加と謳っている商品も多く存在しますが、完全無添加で製造するというのは不可能です。錠剤であればなおさらです。

 

サプリメントの形状生成や抽出した栄養成分を凝固する、または独特な匂いを抑制するため、飲みやすくするためにコーティングするためには必ず添加物を使用する必要があります。また、そうのような目的で使用された添加物はよほどの添加物を使用しない限りは、体内に摂取しても健康的な影響は相当な量を摂取しない限りゼロに近い量しか含まれていません。

 

また、メーカーが製造する上で使用できる添加物は日本で指定されている安全確認がされているものしか使用されていないため気にしすぎる必要はありません。こういった添加物の使用状況は法律に従ったパッケージ表記がされているものであれば私たち消費者でも確認することができますので、どうしても気になるという方は表示されている添加物をチェックしてみてください。

葉酸不足による胎児への影響は

相互リンク

中古パソコン パソコン PVランキング 車の乗り換え相談所 Access Up Avenue フラッシュサイト石見百景

簡単リンク集Seo-P-link 相互リンク募集中